【訳あり】お祝い儀 金茶系 米寿などに

ご注文はこちら

長寿祝い

日本には 人生の節目にお祝いをする習慣があります。

心からいいたい。ありがとうとおめでとう

その昔、仏教伝来とともに伝わってきた習慣があります。人生の節目。それは感謝の気持ちとこれからもがんばってほしいという気持ちを伝える風習です。

人生の節目

まだまだ若い者には負けない

還暦に赤が使われるのは産着が赤だったためといわれます。また【赤ちゃん】の赤と一緒ですね。魔除けの意味もあります。また申(さる)年生まれのお祝いには特に身につける物を贈ることが多いそうです。その意味は「病気が去る(さる)」からきてるそうです。

米寿のお祝いには黄色が用いられます。古代中国で黄色は【皇帝】【皇位】を表す色として重宝されていました。
五行思想では、黄色は「土」を意味し中央の色とされています。

古希・喜寿・傘寿・卒寿のお祝いには紫色が用いられます。一般に【優雅】や【高貴】を表す事が多い紫色ですが律令時代の日本では、紫は高位を表す色とされていました。

名称
年齢
云われ
 還暦
(かんれき)
60歳
赤

還暦の【還】はもどる、かえるという意味をもち【暦】は干支を意味します。干支は「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」の十干と、子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥からなる十二支の組み合わせをいい、60通りの組み合わせがあります。還暦は十干十二支が一回りし、ちょうど生まれた年の干支にもどることさします。

 古希
(こき)
70歳
紫

七十歳のお祝い。
唐の詩人杜甫の詠んだ「人生七十年古来稀なり」から出ています。昔は短命な人が多く七十歳まで長寿を保つのは本当にまれであったのですが、今日では決してまれなものではなくなっています。
※色については【語源由来辞典】参考にしてます。

 喜寿
(きじゅ)
77歳
紫

喜の字を略字で書くと【七】が三つで【き】と読みます。七が重なるので七十七歳のお祝いをいいます。また【喜】の字を草書で書くと【七十七】に見えることからとも云われます。
室町時代から始まったといわれ本来は厄年の一つであったともいわれます。
※色については【語源由来辞典】参考にしてます。

 傘寿
(さんじゅ)
80歳
紫

「傘」の略字が八十に見えることからこのお祝いを「傘寿(さんじゅ)」と呼ぶようになったそうです。
※色については【語源由来辞典】参考にしてます。

 米寿
(べいじゅ)
88歳
黄色

「米」の字が八十八と分解できるため、88歳のお祝いを米寿と呼ぶようになったそうです。
※色については【語源由来辞典】参考にしてます。

 卒寿
(そつじゅ)
90歳
紫

「卒」の略字【卆】が九十と書くため90歳のお祝いを卒寿というようになったそうです。
※色については【語源由来辞典】参考にしてます。

 白寿
(はくじゅ)
99歳
白寿

百の漢字から【一】をとると【白】の字になることから【100-1=99】99歳のお祝いを白寿というようになったそうです。贈り物はその字のとおり【白】になります。

おめでとうございます。

アップ
※新色見本のため、訳あり特価でお出しします。
金や黄色に近いお色のお祝い儀です。米寿祝いや、イベントにも最適です。豪華な金色の箱に入っています。

大切な人の、人生の節目に感謝を込めて・・・。
吉祥紋様が描かれた桃色の風呂敷がセットに付いています。どうぞ包んでプレゼントしてあげて下さいませ。

金色お祝い儀

◆セット内容

・ちゃんちゃんこ
・頭巾
・扇子
・風呂敷
・しおり(和紙)
・のし紙

ーーーーーーーーーーーーー

◆品質
表地:ポリエステル100%
中綿:ポリエステル100%
裏地:ポリエステル100%
付帯品:レーヨン100%

◆身丈:75cm

◆日本製

 

ライン

金色お祝い儀
頭巾には紐を通してあり、調節が可能です。

金色お祝い儀

【訳あり】お祝い儀 金茶系 米寿などに

商品番号:iwaigi-mihon
在庫状態 : 売り切れ
¥6,000(税込)

新色見本のため、訳あり特価でお出しします。金茶色。金や黄色に近いお色のお祝い儀です。米寿祝いや、イベントにも最適です。豪華な金色の箱に入っています。大切な人の、人生の節目に感謝を込めて。吉祥紋様が描かれた桃色の風呂敷がセットに付いています。どうぞ包んでプレゼントしてあげてくださいませ。

  • ■内容
  • ちゃんちゃんこ、頭巾、扇子、風呂敷、和紙しおり、のし紙
  • ■品質
  • 表地・中綿・裏地:ポリエステル100%
  • 付帯品:レーヨン100%
  • ■身丈:75cm
  • ■日本製
只今お取扱い出来ません