HOME トップ » 着物について » 着物辞典 » は行 » 振袖(ふりそで)

振袖(ふりそで)


大まかにいえば、着物の袖のことで袖の長いものを振袖といいます。留袖(袖を留める=付詰め袖)に対して振りのある袖が振袖です。振袖という名称は江戸時代初期頃から一般化され、振袖は子供や未婚の女性が着ていました。未婚の女性の第一礼装としてフォーマルな場、晴れ着として着ることができます。
好きな男性には縦、ダメな場合は横に振ったそう・・・。それが現在「彼を振った」「振られた」などの語源になっているのですね。