東京本染のできるまで・・・。


ゆかた一筋 源氏物語の浴衣

東京本染「注染は機械染めではなく、職人の手作業で染められたゆかたです。

東京本染ゆかたは浴衣用に描かれた図案をもとに柿渋で丈夫にした和紙を3枚張り合わせ小刀を使用して柄を手で掘ります。

紗と漆で張り合わせ、この型紙を生地の上に置き糊付け、後に染料を手作業で注ぎ染め上げます。

染め上がりまで手作業が多いので、機械染めにはない裏表のない染め方でボカシなどの「味わい」のある染め上がりが特徴です。

東京本染のできるまで

源氏物語はこちら

1:晒し上がった生地を、染めやすいように2反分を機械にかけ、巻き取ります。

2:糊(のり)はもち米・海草などを原料とし、柄によって使い分けます。

3:生地の上1mごとに型紙をおき、糊付けをします。この作業を12回繰り返すと1反分の糊付けができます。

4:表面の糊がつぶれないように、砂やおがくずの上にのせます。糊付けした上から占領を注ぎ、下からコンプレッサーで吸い取ります。染料が浸透するため、裏表のない染め上がりになります。

5:差し分けの場合、色を分ける處に糊で土手を作り、染料が流れでないようにします。

6:糊で土手を作った中に、差し分ける染料を注ぎ、それぞれコンプレッサーで吸い取ります。

7:染め上がった浴衣を、糊落としと上色(うわいろ)を落とすために水洗いします。

8:洗い上がった浴衣を水から上げてたたみます。

9:たたみ上がった浴衣を天日干しします。乾燥機より生地の風合いがソフトにしあがります。

10:糊付け用へら、型紙枠。

11:染料を注ぐ道具。

12: 型紙

13: 型紙をもとにして染めたゆかた。