四つ身の着物 黒地 113f6238wz

ご注文はこちら

四つ身 七五三

四つ身
-113F6238WZ

■商品番号:yotsumi-113f6238WZ
■組成:ポリエステル100%

■当店特別価格
 28,000円(税込)

七五三参り こんなに大きくなりました。

七五三着物

黒地に鞠や梅、たくさんの花模様に御所車ととても華やかな着物です。

ライン

素材はポリエステルですので汚れても水洗いができて、後々のお手入れもらくですね。

四つ身着物肩山

ライン

裾周り

お子様の成長を祝って江戸時代より続く『帯解の儀』(おびときのぎ)。

仕草ひとつひとつに成長を感じることでしょう。大切な我が子に着せてご両親、祖父母、みんなでお祝いを。

拡大画像

七五三 四つ身 四つ身襟元

黒の四つ身

■七五三とは・・・

現代では11月15日に子供をお宮参りに連れて行くとされる、七五三という儀式。
子供の成長を祝う儀式は古くからあるのですが、
いつごろから始まり、どのような意味を持っているのか、ご存知の方は少ないようです。

三歳の女児、五歳の男児、七歳の女児のお祝いの儀式である七五三。
この七、五、三と言う数字は中国の陰陽道からきているもので、日本には千年以上も前に伝わってきた思想です。
それによると奇数が縁起の良い数であり、現代でも習慣として残されています。
慶事のお祝い金などは二、四、六などの偶数にしないのが、それに当たります。

昔は今のように医学も進んでおらず、子供の死亡率はとても高かったようです。
そのため、現代にもまして、子供の健やかな成長を祝う気持ちも切実だったことでしょう。
七五三の元になった儀式は平安時代に生まれたもので、三歳頃に『髪置の儀』(かみおきのぎ)
として、それまでは剃りあげていた髪を伸ばしはじめるという儀式がありました。
もう少し成長して五歳ぐらいになると、男女共に袴をつけはじめる『袴着の儀』(はかまぎのぎ)
を行います。これは武士の時代になると、男児の武運長久を祈る儀式にもなりました。
七歳ごろまでに行われる『帯解の儀』(おびときのぎ)は、それまで子供の着物に付けていた
紐をはずして帯を締め、大人の仲間入りをする儀式です。

これらは、いずれも平安時代には身分の高い人の習慣であり、それぞれ三〜七歳の間にすればよく、
いつと決められていたわけではなく、日付も十一月十五日ではありませんでした。
今の形に定着したのは江戸時代頃のようで、江戸庶民が裕福になってきたことと、
犬将軍で知られる徳川綱吉の子、徳松のお祝いを陰陽道の吉日を選んで十一月十五日に
行ったことによります。この習慣は関西よりも関東の方が盛んなようで、江戸の繁栄とともに流行したそうです。

千とせあめは文字どおり長寿を願った縁起物。子供の歯が丈夫になるようにという「歯固めの儀式」
の時に固いものを食べさせたことと、長いものが長寿を運ぶという意味から、七五三のお祝いに使われるようになったようです。

 

四つ身の着物 黒地 113f6238wz

商品番号:yotsumi-113f6238wz
在庫状態 : 在庫僅少
¥28,000(税込)
黒地の四つ身着物です。お買い得品です♪お子様の七五三のお祝いにぜひ着せてあげてくださいませ。
  1. きもの:ポリエステル100%
  2. 長襦袢:ポリエステル100%
  3. 身丈 133cm
  4. 袖丈 76cm
  5. 裄丈 57cm
  6. この四つ身の着物は仕立て上がっております。肩と胴に縫い上げが必要ですのでご注文の際にお子様の身長をお知らせ下さいませ。
数量