HOME トップ > 着物について > 着物のお手入れ

‘着物のお手入れ’

きものについての情報を更新して参ります。わからない言葉や着物の着方などいろいろな情報をご提供しようと思ってますので多くの皆様にご利用していただければと思います。

  • 着物のTPO
  • 着物辞典
  • 着物のお手入れ
  • 着物の着方
  • 家紋について
  • 着物を着るのに必要な道具
  • ゆかたを着るのに必要な道具
    •  

      ◆お手入れについて ◆着物のたたみ方 ◆長襦袢のたたみ方 ◆帯のたたみ方

      ▼‘着物のお手入れ’ 一覧▼

      ゆかたの着方・・・・2

      肌着を着ます。

      必要であればウエストにタオルなどを巻き付け、補正をします。

      ゆかたの着方・・・・3

      ゆかたに袖を通し、背中の縫い目がちょうど背中の中心を通るようにします。

      ゆかたの着方・・・・4

      ゆかたの衿を持って持ち上げます。

      ゆかたの着方・・・・5

      左側の位置(上前)を決めます。

      ゆかたの着方・・・・6


      一旦腕を戻して、同じように今度は右手(下前)の位置を決め、先程の上前の位置になるようにもう一度左手を持って行きます。下前より3cmから4cm高くなるようにするとキレイです。

      ゆかたの着方・・・・7

      腰ひもを結びます。上半身はだぶついていてもかまいません。下半身がキレイになるように注意して、ゆかたを固定しましょう。

      ゆかたの着方・・・・8

      身八つ口(脇の下の小さな穴)から手をいれて、おはしょりを整えます。

      ゆかたの着方・・・・9

      手を開いてシワを取ります。前も後ろもキレイにとってください。

      ゆかたの着方・・・・10

      コーリンベルトを準備します。

      えり元を整え、衿の乱れを防ぐために「コーリンベルト」を使用します。身八つ口から入れて衿の端をとめます。背中から前にまわして毛片方の衿をとめて固定します。

      シワをとっておきましょう。↓

      ゆかたの着方・・・・11

      衣紋をぬきます。背中を下に軽く引っ張ります。こぶしひとつ分が目安です。

      ゆかたの着方・・・・12

      伊達メ(だてじめ)を準備。

      前板を胸の下のくるようにあてます。背中に紐をまわし、しっかりと前で結びます。


      帯を結ぶとき、紐に帯がひっかからないよう、結んだ紐を前板の中に入れ込みます。

      ゆかたの着方・・・・13

      ゆかた帯の結び方にはいります。

      帯の片端を半分におります。(長さの目安は約50cm)
      折った側を右肩にのせて、左巻きに巻き付けていきます。

      ゆかたの着方・・・・14


      帯がゆるんでこないよう、しっかりと【2度】巻き付けます。下の帯が出ないよう注意しながら、平行に巻きます。


      身体に巻いている方の帯を三角に折りたたみます。


      右肩の上にのせた帯をおろしてきてひと結び。
      あとでゆるんでこないように力をいれて結んでください。


      結び目を中心にして青い矢印のように帯を半回転させます。

      ゆかたの着方・・・・15

      先ほどまで右肩に乗せていた帯(二つ折りの方)を今度は左肩にのせます。残った長い方の帯を肩幅程度の大きさにたたんでいきます。


      中心部分にギャザー(ひだ)を作ります。中心が片手で握れる程度まで細くしましょう。


      左肩に乗せた帯をおろしてきて、ギャザーの中心にかぶせ、帯の結び目の下にくぐらせ結び目をつくります。


      結び目をしっかりひっぱり、帯の余った部分は胴体の下にしまい込みます。

      ゆかたの着方・・・・16


      羽の形を整えてから、帯の結び目を後ろに回転させます。最後にあまった部分を内側に折り込めば完成です。


      お疲れ様です。
      自分で結ぶことができると出先でも対応ができるし安心ですね。

      1回ではなかなか覚えれないかもしれませんが何回かやってみるうちになれると思います。むずかしく考えないのが一番です。がんばってくださいね。

      下着は自分で洗えます。

      肌襦袢や裾よけ、足袋、半衿はそのつど洗ってください。肌じゅばんと裾よけはネットに入れれば洗濯機でOKです。

      足袋は履いたままブラシ洗いすると汚れが落ちやすいようですがクリーニングにだしてもかまいません。半衿は長襦袢からはずし軽く手洗いしたらアイロンをかけましょう。腰紐は汚れたらネットに入れて洗濯機で洗いますが、普段は風通しするだけでしまいます。

      着物も小物も風通しをしてからしまいます。

      着物を脱ぐときは汚さないようにするため、まず手を洗ってください。次に、畳の上などにたとう紙や大きな紙を広げてその中央に立ち、脱いだものを置いていきます。

      脱いだ着物や帯、長襦袢、小物などはすぐにしまわずに、着物はハンガーにかけ、帯は椅子の背などにかけ、3~4時間は風を通します。こうすることで汗や湿気をとることができます。

      ※お日様にあたる場所は控えてください。陰干しでお願いいたします。

      帯のたたみ方・・・その参

      最後にもう一度芯を挟んで二つ折りにしておしまい。

      豪華な袋帯には、金糸や銀糸、刺繍がたくさんほどこされています。大切にしまっておきたい帯にはそのような部分に薄紙や和紙をあてておくと安心です。

      帯のたたみ方・・・その弐

      もう一度折りじわを防ぐために芯を挟んで二つ折りにします。

      帯のたたみ方・・・その壱

      帯のたたみ方は簡単です。まず最初に模様のあるほうを表にして芯をはさんで二つ折りにします。

      長襦袢のたたみ方・・その五

      着物と一緒に、たとう紙にしまいましょう。

      長襦袢のたたみ方・・その四

      袖を折り返し、裾を持って二つ折りにします。

      長襦袢のたたみ方・・その参

      上前側も【その弐】と同じように身幅の中心から折ります。

      長襦袢のたたみ方・・その弐

      下前の見頃を身幅中央で折り、袖を図の点線部分で折り返します。

      長襦袢のたたみ方・・その壱

      着物に合わせた長襦袢ですが、着物とはたたみ方が違います。振袖の長襦袢の場合でも同じですので特別に思わなくても大丈夫です。

      着物のたたみ方と同じように、向かって右側に裾を置き、下前を脇線から折って上前を重ねます。

      着物のたたみ方・・・その七

      たとう紙の大きさや収納する引き出しなどの大きさに合わせて裾の方から二つ折り、または三つ折りにします。

      着物のたたみ方・・・その六

      下側の右袖も【その五】と同様に袖付け線から着物の下に折ります。

      着物のたたみ方・・・その五

      上になっている左袖を、袖付け線から折り返します。

      着物のたたみ方・・・その四

      下前身頃の脇線と上前身頃の脇線、右袖と左袖を重ね、衿は袖山(肩のライン)の延長線にできる折り目と折り目を合わせて、内側に三角にへこむように形を整えます。

      着物のたたみ方・・・その参

      下前身頃の衿と上前身頃の衿、下前身頃の袵の端を上前身頃の袵の端を合わせるようにして、下前身頃と上前身頃を重ねます。
      衿の中央を内側に折り入れておきます。

      着物のたたみ方・・・その弐

      下前身頃(下側になっている前身頃)の袵(おくみ)を袵線で脇方向に折り返し、袵の端と脇線を合わせます。

      着物のたたみ方・・・その壱

      着物のたたみ方をご説明いたします。
      着物・振袖・ゆかたもすべて一緒です。なお長襦袢、羽織、帯は別でご紹介しております。
      まず着物は下前裾からたたみますので袖が右、衿が左に来るように置きます。着物を広げた形になるように、下前身頃を脇線で折ります。

      ゆかたの着方・・・・1

      まず準備。

      ゆかたの衿の内側に衿芯を入れます。

      ※なければないでいいですが入れた方が襟元をキレイにみせることができます。 またもしも入れる穴が開いてない場合はほつけてこないよう注意をしながら縫い目を少しほどいて穴を開けてください。


      インフォメーション

      お支払いについて

      いろんなお支払い方法がございます。
      ご注文の際にご利用くださいませ。

      ■クレジットカード

      クレジットカードの回数カード情報を保持してません
      ご使用になれるカードの種類
      代金引換 郵便振替 銀行振り込み

      ■コンビニ後払い決済

      後払い.com【後払いドットコム】コンビニ・銀行・郵便局で後払い決済
      (※後払い手数料 300円【30,000円以上無料】)
      商品が到着してから後日請求書が届きます。
      各コンビニ、郵便局、銀行ATMなどでお支払いいただけます。詳しくはこちらをクリック

      ■代金引換

      (※代引き手数料 300円【30,000円以上無料】)
      商品代金 50000円以上の場合は先にお支払いをお願いする場合もあります。 佐川急便(e-collect)
      クロネコヤマト(コレクト便)

      ■銀行振り込み

      楽天銀行
      ※お振り込み頂いてからの発送です。
      【楽天銀行 ワルツ支店】
      支店番号 204
      口座番号 7019896
      普通口座 ユ)ゴウダゴフクテン

      ■郵便振り込み

      ※お振り込み頂いてからの発送です。
      ■記号:16490
      ■番号:11124731
      有限会社合田呉服店(ごうだごふくてん)
      お電話は088-824-5225
      なんでもお気軽にお問い合わせ下さいませ。
      ※お電話ではホームページの名前【久五郎】ではなく合田呉服店として対応いたします。
      「着物と寝具の合田(ごうだ)です!」
      電話で応対いたします「ホームページを見ての電話です・・・」と言っていただければすぐに担当のものに変わりますので、なんなりとお申し付けくださいませ。
      お客様に気持のよいお買い物ができますよう迅速・丁寧を心がけております。

      お電話担当:合田国生/合田ちづる

      送料について

      銀行振り込み 詳しくはこちら←
      ゆうパケット 全国一律【200円】
      ゆうパケットは到着日・時間指定はできません。詳細はこちらをどうぞ。

      ※なお【ゆうパケット】には明細書・納品書などは同封しておりません。当店からのメールを控えといたします。

      佐川急便・ヤマト運輸で配達

      店舗在庫がある場合は即日発送!在庫ぎれの場合はメールでご連絡いたします。
      午前中 14~16時 16~18時
      18~20時 19~21時
      ※ヤマト運輸は【12-14時】が廃止となり【19-21時】の時間帯が加わりました。ヤマト運輸以外もご希望の時間指定が出来ないこともございます。ご了承下さいませ。

      -返品について-

      商品が届きましてから1週間以内でしたら返品可能です。ただし、袋を破いていたり傷が確認できた場合は返品を受け付けることはできません。またお客様の特注品の場合は返品はできません。

      -個人情報を守ります-

      お客様の個人情報は第三者に情報を開示することはありません。

      オンラインショップマスターズクラブ e商人養成塾 パールトーン 365日懸賞

クレジットカード
メール便 送料無料
創業明治十年 お問合せはこちらにお電話下さい
メールでのお問合せ
QRコード

取り扱い商品

仕立て屋さん募集
ファックスでのご注文もできます 安心簡単にご注文ができます。
おかげさまで五代目です。
有限会社合田呉服店

私たちが運営しております。どうぞよろしくお願いいたします。

(有)合田呉服店
-EC事業部-
〒780-0901
高知市上町5-5-32
tel 088-824-5225

営業日カレンダー

有限会社合田呉服店

着物について

上町よさこい鳴子連 龍馬が生まれた上町ですき。

リンク

リニューアルオープン
Copyright(c) 2013 きもの館【久五郎】 All Rights Reserved.